転換期には一旦ゼロになれ

 

このご時世で、社会的経済的に打撃が広がり、生活が一変し、あらゆることが一気に変わってしまいました。

まさに転換期。

社会の転換、時代の転換。

その中で、一人一人の生活の転換、人生の転換、意識の転換も迫られています。

マクロからミクロまで、一気に転換が迫られることになったのが今だと言えるでしょう。

 

私はずっと、自分のカウンセリング/コンサルティングの特徴として「人生の転換期をガイドする」と言ってきました。

ほかならぬ私自身が約10年前、音楽家としてのキャリアを一旦ストップせざるを得なくなり、心理カウンセラーに転換してきた経験があるからです。

参考記事

 

人生にも、転換期というのが来てしまうことがあります。

これまで問題を感じなかったことが、だんだん行き詰ってきて、いよいよ詰んでしまった・・・

そんな時は転換期のサイン。

「次のステージですよー」という人生からのアラームです。

参考記事

 

私は心理コンサルタントとして、転換期にぶちあたった多くの方のお話を聞き、その道のりをサポートさせていただく中で、見えてきた「ツボ」があります。

それは

「転換期には一旦ゼロになれ」

ということです。

車のギアにたとえるとよくわかります。

今はオートマ主流ですけど、マニュアル車の場合、クラッチを踏んでギアを切り替える瞬間、「ニュートラル」という状態を通る必要があります。

ギアがどこにも属さない「ニュートラル」の場所にあると、どんなにエンジンをふかしても進みません。

ただ失速してゆきます。

その瞬間、空白。ゼロ、です。

でも、一旦外して空白にするからこそ、次のギアに入れ替えることができるわけですね。

転換というのはそういうところで起こります。

人生においても、「これまで」という過去のギアを「これから」という次のギアに入れ替えるためには

一旦過去のギアを止めて、外して、空白になるプロセスが必要なのです。

 

だからその時がきたら、とりあえず止まってしまいます。

そうすると、人はただ混乱して「ポカン」とするしかありません。

でも、そのポカンがけっこう大事。

それがゼロです。

 

それが、大きな意味で今私たちが味わっていることなのかもしれません。

いきなり「これまで」が止まってしまって、終わってしまって、空白になってしまった。

あると思っていたものがなくなり

絶対だと思っていたものが崩壊する。

 

確かに混乱して、方向感がわからなくなります。

ポカンとするでしょう。

不安にもなるでしょう。

 

でも、これは悪いことばかりではないのです。

方向を変えるためにこそ、一旦これまでの方向を解除している。

 

ただ嘆いたり恐れたりするばかりでなく

「転換期ってそういうもんなんだ」と受け止めてみると

一段大きな視点でものごとを眺められると思います。

 

大丈夫。大丈夫。

一旦サバサバと、頭を空白にしてみましょう。

 

今まで思いもよらなかった方向に新しい道ができたり

ないと思っていたところに、実は新しい地面があったり

するかもしれませんよ。

 

新しい景色の世界で、新しい芽が

どこかでもう芽吹いているのかもしれません。

 

 

その他の参考記事

 

 

  • ブックマーク

この記事を書いた人

大塚 あやこ

大塚 あやこ

人生転換の専門家・心理コンサルタント/作曲家/ピアニスト
一般社団法人ビリーフリセット協会 代表理事
 
東京芸大作曲科卒業後、演奏家・作曲家として活動。アーティストのツアーサポートや編曲、アニメやドラマのサントラ作曲等を手がける。
 
音楽での燃え尽き体験をきっかけに、心理カウンセリング/セラピーへ転身。
悩みの根本原因に迫るオリジナルメソッド「ビリーフリセット心理学®」を提唱し、がんばっているのに生きづらい人や、人生の転機に直面した人などを新しいステージへと導く個人セッションや講座を開催。「ビリーフリセットで人生が変わった!」という人多数。
 
活動7年で延べ4,000名以上の人生を好転させてきた他、カウンセラー養成講座も開催し門下の認定カウンセラーを多数輩出している。

◎一般社団法人ビリーフリセット協会代表理事
◎淨音堂株式会社代表取締役

お知らせ

話して整理!しませんか?【認定カウンセラー紹介】

そのモヤモヤ、話してみるだけでも違います。あなたのお話をちゃんと聞ける協会認定カウンセラーを一同にご紹介

ビリーフリセット初級講座・動画版

古い思考をリセットしてクリアな意識にアップデート。

これまでのフルバージョンの他、新たに1セクション単品購入もできます