「そのままではダメになる」は本当か?集合無意識のビリーフ検証

 

「そのまま」という感覚

そのまま

何もしない

ほっておく

 

そう聞くと、どんな感じがしますか?

なんとなく「それじゃダメだろ」って感じがする?

「何かしないと・・」っていう衝動をかすかに感じる?

だとしたら、あなたの中には「そのままではダメ」というビリーフが、当たり前に入っているかもしれません。

ビリーフとは「信じ込み」であるとともに、言葉を超えた「感覚」です。

そのままじゃダメなかんじ。

その感覚の奥には

「そのままではダメになる」

という「世界法則」を信じて採用しているあなたがいるということです。

あなたが当然のように採用しているその「世界法則」

それをビリーフといいます。

 

「そのままではダメになる」

それは本当でしょうか?

自然の摂理は「繁栄」

自然っていうのは、そのままにしておけば繁栄するものです。

人間の手が入らない、手付かずの自然。

そのままにしておけば、草は伸び、木々は繁り、花が咲いて実が成って、森は成長していく・・・それは繁栄です。

一方で、枯れたり、葉を落としたり、朽ちたりすることすら、循環の中で完璧にバランスがとれています。

微生物から大きな動物まで、ほっておけば増えて繁栄し、適度な天敵や気象の作用によって、増えすぎず減りすぎず、循環の中でバランスがとれています。

増える⇄減る のサイクルすべて「込み」で、繁栄しています。

生命の法則=自然の法則に沿っていれば、生命全体は繁栄していくもの。

それが自然の摂理であることを考えれば

「そのままではダメになる」

というのが、いかに自然の摂理に反した「ウソ」であるかがわかるというもの。

「そのままではダメになる」と思っているのは人間だけです。

正確には、人間の「自我」という部分です。

人間の本質は「生命」なので、本質ではちゃんと生命の繁栄の論理が生きづいているのですが、その周りにくっついた「自我」が、根強く逆を見せるのです。

そして多くの人は、自我だけを自分だと思い、真実だと思っている。

だからどうしても「そのままではダメになる」が真実としか思えないのです。

ダメになると思うから、ならないようにがんばる

「そのままではダメになる」と思っている世界では、その奥の前提にドッシリ「ダメ」が控えています。

デフォルト、ダメ。
始まりは、ダメ。
行き着く先は、ダメ。

だからこそ「ダメ」にならないように、なんとかするのだ!

そのためには

あれやって、これやって
あれも必要、これも必要
これを手に入れて、これを身につけて
こうなったら、ああなったら
まだまだ、まだまだ・・・

というのが、これまでのほとんどの人間活動の原動力だったといえます。

まるで、行き着く先は真っ暗な闇。

そういうイメージを、深層心理にいつも抱いているということです。

 

この、前提に「ダメ」を設定して、そう「ならないように」という意志の立て方や行動の仕方をするのが、これまでの時代の当たり前の回路だったことに、気づいてみてほしい。

いかに「ダメ設定」を最初に描いているか。

いかにまず「嫌なこと」を先に想定しているか。

・失敗しないように
・悪いことが起こらないように
・嫌な思いをしないように
・お金がなくならないように
・食いっぱぐれないように
・嫌われないように
・怒られないように
・何か言われないように
・迷惑をかけないように
・傷つかないように
・孤独にならないように

これら、最初にくる言葉全部が、「そうなったらダメ」なことですね?

「そうなったらダメ」なことを最初に描いて、そうならないように、そうではないように、対策をとり、がんばる。

そのためにこそ人生はある!
といっても過言ではないくらい、私たちはダメにならない対策に奔走してきました。

ということは、その対策をとらずに、何にもしない、そのまま、ほっておいたら・・・

どうなると思いますか?

「ダメになる」わけですよね。

それが「そのままではダメになる」という思考で作った世界ということです。

名付けて「ダメワールド」。

私たちは長いことずっと、この「ダメワールド」で奮闘してきたのです。

個人と集合無意識

その「ダメワールド」は誰が作っているのか?

自分(自我)の思考です。

「そのままではダメ」と思いこんでいる、自分の思考です。

そして、無数の「自分の思考」が集積した、私たち全体の「集合無意識」です。

集合無意識的に「思わされてきた」という言い方もできます。

もはや自分一人の意思ではないからです。

 

全体としての集合無意識から、個人がその感覚を拾って

個人の感覚が集積して、集合無意識の感覚になっていく。

個と全体とは、そういう関係になっています。

 

だからこそ、この思考のカラクリに気がついて「ダメワールド」から脱出する一人一人が増えることが、集合無意識の「ダメ濃度」を薄くしていくことになります。

「そのままではダメ」は本当ですか?

それは、真実ではなく、そういう思考にすぎない。

そのことに心底気づいた時に

 

元々自然は、そのままで繁栄すること

常に繁栄へと運んでいる生命の力が存在すること

その生命の力が、この自分にも確かに流れ込んでいること

もっといえば

自分とは、この生命であり、存在であること

 

そんな感覚が、もともとそこにあったことに気づくでしょう。

そこから始まるのが、「そのままで大丈夫」という絶対信頼の感覚。

これからの時代、私たちが切り替えていく方向は、そちらです。

 

思考を検証する。

思考が思考にすぎなかったことに気づく。

思考から離れる。

離れたら「存在」が残る。

 

マインドフルネスのその先へ。

それがビリーフをリセットするということです。

 

 

  • ブックマーク

この記事を書いた人

大塚 あやこ

大塚 あやこ

人生転換の専門家・心理コンサルタント/作曲家/ピアニスト
一般社団法人ビリーフリセット協会 代表理事
 
東京芸大作曲科卒業後、演奏家・作曲家として活動。アーティストのツアーサポートや編曲、アニメやドラマのサントラ作曲等を手がける。
 
音楽での燃え尽き体験をきっかけに、心理カウンセリング/セラピーへ転身。
悩みの根本原因に迫るオリジナルメソッド「ビリーフリセット心理学®」を提唱し、がんばっているのに生きづらい人や、人生の転機に直面した人などを新しいステージへと導く個人セッションや講座を開催。「ビリーフリセットで人生が変わった!」という人多数。
 
活動7年で延べ4,000名以上の人生を好転させてきた他、カウンセラー養成講座も開催し門下の認定カウンセラーを多数輩出している。

◎一般社団法人ビリーフリセット協会代表理事
◎淨音堂株式会社代表取締役

お知らせ

話して整理!しませんか?【認定カウンセラー紹介】

そのモヤモヤ、話してみるだけでも違います。あなたのお話をちゃんと聞ける協会認定カウンセラーを一同にご紹介

ビリーフリセット初級講座・動画版

古い思考をリセットしてクリアな意識にアップデート。

これまでのフルバージョンの他、新たに1セクション単品購入もできます