がんばってきた人こそ。「自立」の次のキーワード

 

安心、信頼、やすらぎ

ゆるむ、受け取る、ゆだねる

って聞いてどう感じますか?

 

私個人的には、今これらのキーワードがすごくテーマ。

あらためて、そこだなーと感じているこのごろです。

 

でも、これって

がんばってきた人ほど、やってきた人ほど

「ソレ何?」ってなりがち(笑)

ピンとこない、ありえない、想像つかない・・・

実は、一番怖いことであったりもします。

だからこそ、重要なテーマなんですね。

 

自力でがんばって自立して

「する・やる・できる」の世界でシノギを削ってきた人は

「次」のステージはこれなのです。

でも、これが難しいんですよね。

「する・やる・できる」でがんばる

それしか知らないから。

そうやってがんばるにはがんばる理由があったから。

そんなにもがんばる理由

その理由とは

「この世界はこわいところ」

「人間はこわいもの」

「孤独になってしまう私」

っていう感覚が、深〜い身体的レベルで刻まれているからです。

だから、そのままでは、ほっておいてはダメになってしまう。

という漠然とした感覚。

その身体的感覚は、生まれた直後、あるいは生まれる前・・・そんな原初のレベルから始まって

以降、家族で、学校で、社会で、絶えず刷り込まれていくものです。

だからこそ

そんなこわい世界で危ない目にあわないように

こわい人間たちに対処できるように

けっして孤独にならないように

そうやって生き延びるために

そのための防衛手段が「する・やる・できる」で自立することだったのです。

生き残りがかかってるので、この「する・やる・できる」をやめる・手放すというのは、めちゃくちゃ怖いのです。

それが「自立のステージ」から、次の「相互扶助のステージ」へ転換していく時の高い壁。

よっぽどの思考の転換と心境の変容がないと、この壁は超えられません。

この壁を越えるためのキーワードが

安心、信頼、やすらぎ

ゆるむ、受け取る、ゆだねる

ということになります。

一生モノの大転換

世界を信頼し
人を信頼し
自分を信頼する

言うは易し・・・(笑)

特に人生の初期に「世界はこわい、人はこわい」という感覚を味わざるを得なかった人にとっては、

これこそが一生モノの大転換と言っていいかもいれません。

 

逆に、もともと「世界は歓迎してくれる、人は愛してくれるものだ」という感覚で人生を始めることができた方は、ラッキーでしたね。

その信頼ベースにどんどんハッピーな世界を築いていってください。

まあこれは、運命や親や家を恨んでも仕方のないことで

そこまでしても自分の魂が知りたいことがあって、そういう初期設定を選んで生まれてきたのだと考えましょう。

 

そのような「自立ステージからの切り替え時」を感じる方は

安心、信頼、やすらぎ

ゆるむ、受け取る、ゆだねる

がキーワードであることを心に留めてみてくださいね。

 

 

  • ブックマーク

この記事を書いた人

大塚 あやこ

心理コンサルタント/作曲家/ピアニスト
一般社団法人ビリーフリセット協会 代表理事
 
東京芸大作曲科卒業後、演奏家・作曲家として活動。アーティストのツアーサポートや編曲、アニメやドラマのサントラ作曲等を手がける。
 
音楽での燃え尽き体験をきっかけに、心理カウンセリング/セラピーへ転身。
悩みの根本原因に迫るオリジナルメソッド「ビリーフリセット®」を提唱し、が前に進みたい人、人生の転機に直面した人などを新しいステージへと導く個人セッションや講座を開催。「ビリーフリセットで人生が変わった!」という人多数。カウンセラー養成講座も開催し門下の認定カウンセラーを多数輩出している。
その他、心と意識をクリアにするサウンド瞑想など、独自の立ち位置で音楽制作やライブイベント等も行っている。

◎一般社団法人ビリーフリセット協会代表理事
◎淨音堂株式会社代表取締役

お知らせ

ビリーフリセット・リーダーズ講座【動画視聴コース】

「6期ビリーフリセット・リーダーズ講座」の講義動画とテキストが毎月届きます。5/25まで受付中

オンラインで学べる「話の聴き方」講座

オンライン学習サイトUdemy(ユーデミー)で開講!

◎人の話が楽に聴けるようになる【はじめての傾聴】カウンセラーが現場で使っている「話の聴き方」

ビリーフリセット初級講座・動画版

古い思考をリセットしてクリアな意識にアップデート。

これまでのフルバージョンの他、新たに1セクション単品購入もできます

【協会認定カウンセラー】個人セッションのご案内

話してみるだけでも違います。そしてのビリーフのリセットまで。協会認定カウンセラーのご紹介とセッション予約