絶対信頼

絶対信頼。

という意識の状態。

すべてはただそのままに、起こるがままに

何があってもなくても
どうであってもなくても
それでいい、大丈夫。

という感覚です。

チューニングをそこに合わせれば今すぐに
その世界へと切り替わるのです。

 

その反対に

こうでないと、そうでないと
こうじゃダメで、そうじゃダメで

そうなっていれば安心
そうなってないから不安。

で、そうなっていない現実に
不安だ不安だ不安だ・・・・

という感覚でいる時。

これもまた、そういう意識のチューニングなのです。

相対信頼には不安がつきもの

何があってもなくてもOK、大丈夫
そのまま宇宙に任せよう

という信頼を「絶対信頼」というならば

自分の頭の中で何かと比べて、「こうだったらOK」という基準でいいとかダメとか振り分ける。

そんな部分的・相対的な信頼を、「相対信頼」と名付けてみます。

 

この相対信頼のモードにいる限り、いつでも「信頼できる」と「信頼できない」がセット。

ということはつまり「安心できる」と「安心できない(=不安)」も常にセットなのです。

だから不安は永遠について回るということになります。

まるで天秤のように、両者が入れ替わってグラグラするのは当然なのです。

 

意識のチューニング

絶対信頼のモードと、相対信頼のモードを切り替えるのは、自分の意識であるとともに「身体」であるともいえます。

身体を宇宙のエネルギー、光にチューニングする。

これを瞑想ともいいますが、その時に、意識のチューニングも切り替わります。

ほんと、この切り替わりは一瞬です。

それだけで、今までいた世界が全く違う世界に変わってしまいます。

ドヨーンだった世界が、スッキリ、キラーン!みたいな。

 

そして、この現実というのは自分の心が作っていることを知ること。

外側に現れるものごとや人、それらによって自分の心がざわついたり落ちたりする時

それは自分の中にまだ知らない偏りや滞りがあるということのサインです。

その偏りや滞りに気づくために、外側の現実として現れていると見るならば、現実もまた「大丈夫」なのです。

 

そして良いも悪いも、現れた現実は、自分の意識=宇宙(神という言い方をする人もいますが)が

見せてくれているものであり
用意してくれたものであり
差し出してくれたもの。

そのことを受け取るならば

現実もまた「大丈夫」なのであり「ありがとう」なのです。

わからない場所にただいる

どうなるかわからない。

そのことを「不安」と感じるか
「楽しみ」と感じるか
ただ「わからないねー」と感じるか

これもまた意識の選択です。

絶対信頼の意識でいるならば、「わからない」をそのままにしていても「大丈夫」。

「わからない」だけが、今わかることだからです。

「わからない」というその場所、ただそこにいる。

それも絶対信頼です。

そのままにいても刻一刻と時はやってきて、ただその時に私たちは何かをするでしょう。

究極、できることはそれだけです。

 

わかる?わからない?

どっちでもいいや。

きっとあなたの深いところに届いていると、信じています。

 

  • ブックマーク

この記事を書いた人

大塚 あやこ

大塚 あやこ

人生転換の専門家・心理コンサルタント/作曲家/ピアニスト
一般社団法人ビリーフリセット協会 代表理事
 
東京芸大作曲科卒業後、演奏家・作曲家として活動。アーティストのツアーサポートや編曲、アニメやドラマのサントラ作曲等を手がける。
 
音楽での燃え尽き体験をきっかけに、心理カウンセリング/セラピーへ転身。
悩みの根本原因に迫るオリジナルメソッド「ビリーフリセット心理学®」を提唱し、がんばっているのに生きづらい人や、人生の転機に直面した人などを新しいステージへと導く個人セッションや講座を開催。「ビリーフリセットで人生が変わった!」という人多数。
 
活動7年で延べ4,000名以上の人生を好転させてきた他、カウンセラー養成講座も開催し門下の認定カウンセラーを多数輩出している。

◎一般社団法人ビリーフリセット協会代表理事
◎淨音堂株式会社代表取締役

お知らせ

zoomビリーフリセット入門講座

・転換期、どう乗り越えたらいいの?
・自分をどう進化させたらいいの?
・変わるにはどこから手をつけたらいいの?が2時間でわかる

話して整理!しませんか?【認定カウンセラー紹介】

そのモヤモヤ、話してみるだけでも違います。あなたのお話をちゃんと聞ける協会認定カウンセラーを一同にご紹介

ビリーフリセット初級講座・動画版

古い思考をリセットしてクリアな意識にアップデート。

これまでのフルバージョンの他、新たに1セクション単品購入もできます