誰でもできる易しい方法 ・いにしえの先人を想う

 

易行と難行

仏教に「易行」(いぎょう)という言葉があります。

仏教の専門的なことになるといろいろな論説があり、私の専門外なので、ここではあくまで私の解釈のお話で進めますね。

易行とは「誰もがたやすく行える修行」というような意味ととらえます。

「易しい行」と書くくらいですからやさしいわけです。

だから、どんな人も取り組める。

 

じゃあ反対は何かといったら「難しい行」ですね。

難行とはつまり、自分の努力と根気でコツコツ山登りするように積み上げて達成していく道。

それはおそらく本格的であり、主流であり、正道である方法論ということでしょう。

だからこそ、それだけの時間と労力と根気をかけ続けることができる人は限られているのです。

できない人はどうなるの?

昔は、仏教の修行とはそういうものだったわけです。

一部の出家したお坊さんが、何年も修行して難しい経文を勉強して努力して、やっと至る悟りや救い・・・

しかしそれだとすると、そこまでやりこんだ人しか悟れない、救われない、ということになります。

 

そしたら、そんなことやれない、そもそもやれる環境にもない普通の庶民はどうなるんだ?

普通の人は無理ってこと?

そういう人は救われる道はないってこと?

ってなりますよね。

それで

「うーん、どうしたらいいんだろう?どうしたらいいんだろう? できる人もできない人も、どんな人でも救われるにはどうしたらいいんだろう?」

って考えたのが、法然さんや親鸞さんだった。

あー、すいません、私の解釈です。

その宗派の方、
「勝手にセリフ作んなよ!」
って思ったらごめんね。

 

でもね、それって愛ですよね。

できる人だけじゃなくて、すべての人に道はないのか?っていう思いの切実さ。

その愛の心から

「南無阿弥陀仏」と唱えるだけで救われるのだ。

阿弥陀様にお任せさえすれば大丈夫だ!

という方法論が生まれてきたのです。

これはね、ほんとにほんとに研ぎ澄まされた愛による最低限」だと私は感じます。

仏教でいうところの「慈悲」ですね。

どれほどの愛・慈悲によって、これが生み出されたのだろう。

 

高度なことをやりこむことができる気力・知力・体力・根性等々を持ち合わせた「ガチ修行系」な人からすると

「そんなんで済むわけないだろが!?甘いんだよ!」って思っても仕方がないと思うのね。

あまりに最低限すぎて。

実は私も、昔はそう思ってました。
「なんじゃそれ?」って(^ ^;

 

でもね、今なら、それもありだと思えます。

ガチでやりこむ道もありだけど、これだけ最低限の道もあり。

だって、その最低限に触れることで「今より少しでもよくなる人」がいるのなら!

そこに希望を見て、愛をかけたのが、法然さんや親鸞さんではなかったのか・・・

と思いをはせるわけです。

(あ、その宗派の方、また勝手に妄想してごめんね、、、)

ビリーフリセットの「易行」

そのように、誰にでもできる「最低限」の方法論を「易行(いぎょう)」といいます。

なんで私が今、こんなことを語りだしているかっていうと、私のやっているビリーフリセットにもまさにそのような「易行」が必要だ、と考えたからです。

 

ビリーフリセット・ワークは、よくできたメソッドですが、それでも修練・習熟が必要です。

さらに深いレベルでリセットしようと思ったら、カウンセラーレベルの理論の勉強も必要だし

自分が勉強しなかったとしても、ちゃんと勉強と修行をしたカウンセラーに、それなりのお金を払ってセッションしてもらう必要があります。

じゃあ、そこまでできない人は、ビリーフリセットできないの?

一生、狭くて苦しい頭の中の「ビリーフワールド」に囚われてなければいけないの?

少しでも自分でビリーフから抜けられる力をつけることはできないの?

どんな人でもすぐわかる、すぐできる、まさに「念仏」のように簡単な方法はないの?

そう思うところに、「易行」の必要性が浮上するわけです。

 

そこで今回、ZOOM無料セミナーを行うにあたって、私は一つの「易行」を作りました。

「ビリーフリセット起動の鍵」。

誰でもすぐに覚えられる。

言ってみるだけ、唱えるだけで、ビリーフから離れるキッカケが起動する。

何度も何度もやれば、きっと「ビリーフから離れる力」が育つ。

まさに「易行」です。

 

これを、今日(3/7)おこなった無料セミナー第1回めで皆さんにお伝えしてみたところ、

その場ですぐに「あー!」と目からウロコが落ちる人多数。

おお、いいみたいじゃない!?

効くじゃない!?

手応え、上々です。

そういうわけなので、今日は、ビリーフリセットとしての「易行」を世の中に出せた日として、私にとってはちょっと思うところあったので

いにしえの先達の方たちに、思いを馳せてみることになったのです。

 

私は特定の宗派の関係者ではありません。

けれども、昔から仏教的な思想にはとても馴染みがいいです。

たぶん過去生でずいぶんやってたと思う(^ ^)

仏教的な「衆生への慈悲」(つまり、みんなへの愛)に、私自身もとても響くところがあるんですよね。

感じてしまうものは仕方ないね。

 

さあ、そんな初公開の新ネタ「ビリーフリセット起動の鍵」も含めて、

ビリーフのみつけ方、ビリーフのはずし方を90分でサクッと教えちゃいますよ。

「無料でここまで出すのか!」って驚かれるレベル。

 

次は3月13日(土)と、25日(木)。

この日この時間がダメな人も、お申し込みいただければ後からzoomのアーカイブ見れます。

 

はじめての方はもちろん、

ある程度学んだ人や、「ビリーフリセットやったし、わかるし!」って思ってる方ほど、ぜひ来てみてほしい。

そして、「あなたのビリーフリセット」を、さらにアップデートしていってください。

 

 

 

参考:仏教が関係する記事はこちらも

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • ブックマーク

この記事を書いた人

大塚 あやこ

心理コンサルタント/作曲家/ピアニスト
一般社団法人ビリーフリセット協会 代表理事
 
東京芸大作曲科卒業後、演奏家・作曲家として活動。アーティストのツアーサポートや編曲、アニメやドラマのサントラ作曲等を手がける。
 
音楽での燃え尽き体験をきっかけに、心理カウンセリング/セラピーへ転身。
悩みの根本原因に迫るオリジナルメソッド「ビリーフリセット®」を提唱し、が前に進みたい人、人生の転機に直面した人などを新しいステージへと導く個人セッションや講座を開催。「ビリーフリセットで人生が変わった!」という人多数。カウンセラー養成講座も開催し門下の認定カウンセラーを多数輩出している。
その他、心と意識をクリアにするサウンド瞑想など、独自の立ち位置で音楽制作やライブイベント等も行っている。

◎一般社団法人ビリーフリセット協会代表理事
◎淨音堂株式会社代表取締役

お知らせ

「本当の自分」を仕事にする!カウンセラー目指したい方に

本格長期講座「ビリーフリセット・リーダーズ講座」6期、4月から!

もう「本当」でしか生きられないあなたに

古い時代の価値観を塗り替え、これからの時代を作っていく「インディゴ・チルドレン」といわれる世代の方たちに。心の基礎体力と人生スキルを磨き、仲間とつながる6ヶ月

オンラインで学べる「話の聴き方」講座

オンライン学習サイトUdemy(ユーデミー)で開講!

◎人の話が楽に聴けるようになる【はじめての傾聴】カウンセラーが現場で使っている「話の聴き方」

ビリーフリセット初級講座・動画版

古い思考をリセットしてクリアな意識にアップデート。

これまでのフルバージョンの他、新たに1セクション単品購入もできます

話して整理!しませんか?【認定カウンセラー紹介】

そのモヤモヤ、話してみるだけでも違います。あなたのお話をちゃんと聞ける協会認定カウンセラーを一同にご紹介